2016.12/23(Fri)

トリとめない話 

先日職場にて、昼休みのテレビ番組で仙台雑煮を見かけた。

仙台雑煮と言えば、あれですよ、
焼きハゼが横たわっていてイクラのトッピングありの…。

一度だけ食べたんだ。
いつだったかな
と、ブログで確認してみる。

2008年のお正月だ。
味は忘れたけれど、感想を書いていたので、まあそうだったんだろう(笑)

なんとなく…その前年のお正月は何してたのだろ?とブログで確認w
そうかあ~ さくらふぶきを連れて大阪に行ったのがこの年だったか。


2007年のこの時の記事に「それ以前に正月に帰省したのは12年前」と書いてある。
1995年の1月。阪神淡路の震災があった月だな。
その時はまだインコ生活していなかった。
甥っ子三男が生まれたばかりで、病院まで会いに行ったんだ。

雪の高野山に足を延ばしたのはこの時だったか?
写真を探せば分かることだが、そこまでする気持ちはまだない。


で、2017年 10年ぶりに正月帰省する。

日帰りなので単身で。
父の米寿のお祝いをするらしいので休暇を取った。
(年末年始関係なく仕事なのでね(´Д`)

お正月に、父・兄一家 みんなが揃うのはこれが最後かと思い。
正月帰省はたぶんこれでオシマイ。

そう言えば、大阪在住と大阪以外在住がちょうど同じ年数になる。
オトナになってからの年数を鑑みれば、大阪外在住の方が長い。
埼玉県民としては通算18年になるorz


私は関東で住むようになった時、大阪弁は封印した。
以来、会話から関西人だとバレたことがないw
時々、パート先などで関西出身の(訛りが抜けていない)人と
話す機会もあったが、つられて喋ることもなかった。

が、

今の職場で
私と同じように普段「標準語」で話している元関西人のオッチャンがいる。
この人が、私の出身地を知ると大阪弁で話しかけてきて
私もごく自然に大阪弁で喋っているのである。
まるで掛け合い漫才のようにw

大袈裟だが、自分でもこの変化には驚いている。
気が抜けたのかなあw

大阪弁はこのオッチャンと話す時限定だけど、
やはり心地良いんだな。微妙なニュアンスが伝わる。
そして、本音が出る(笑)

それと、身体がキツイ時に掛けてくれる言葉も身に染みるのだ。
「無理したらあかんで」
「気ぃつけや~」etc

たぶん、懐かしがっている自分がいるんだと思う。


ま、それだけのことですがね。

家では、ずっと大阪弁です。
いんこたちはそれを聞いています。

彼らが喋る鳥なら、
おもろいいんこになってたでしょうな。
IMG_20161223_211313.jpg


スポンサーサイト
EDIT  |  21:35 |  トリ説  | Top↑
 | BLOGTOP |