2005.12/14(Wed)

繊細な?こころ 

お留守番後で少々体重減少していたさくら。
それにしても昨日からエサを食べない。
生米とオヤツのシードをついばむ程度でいつものシードに口をつけようとしない。

移動続きのストレスと寒さを考慮して昨日は自宅で保温。
様子見ることにした。

が、今日はさらに食べない。頑なに食べない。
眠そうにはするが元気はある。でも判断が難しいので病院へ。

診察の結果、おそらく病的ではなく精神的なものじゃないかと…。
「ハンガーストライキ」なのか!?
どうやら、生命を維持できるだけのエサは身体に入ってるらしい。
食べていないようで最低限は確保してるってことなのだな。
あと2~3日様子見ることになった。

夕方(さくらの事が心配でたまらない)家人が一週間ぶりに帰宅した。
放鳥時おそらく喜んでるらしい少々興奮気味のさくら。
その後ケージに入っておもむろに食べ始める。。。
ムムム、少しは食べる気にはなったのか。

確かに大きなストレスだったよね。

【More・・・】

ふぶきの入院から始まって、わがじーの事、お留守番、
飼い主の感情の起伏も敏感に察知していたはず。

昨日は肩に止まってピッタリくっついてたり服の中に潜り込んだり
寂しかったのかなあと想像させる行動してたし。
今日家人も帰宅して日常が戻ってきたことで安心したのかもしれない。

本当にそうなら、、、なんて繊細!(神経質とも言うな。。。)
あのちっこい身体と頭でいろんな事考えて状況に対応しようとして
気持ちを態度で表現しようとして…。

ま、飼い主もさすがに食欲落ちて体重減らしてるから
さくらと似た者同士ってとこか。
神経質な性格も飼い主ゆずり。

それにしても、それにしても…う~ん。

05.12.13-3.jpg
スポンサーサイト
EDIT  |  21:35 |  さくらふぶき  | CM(0) | Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 
 | BLOGTOP |