2009.04/29(Wed)

旧富岡製糸場 

群馬県富岡市
入り口
明治5年創業の日本初の器械製糸場だそうです。

アーチ
操業当初は官営で、ここで働く“工女さん”たちは一日の勤務時間も決まっていたし
週に1度は休日もあったとかで、当時の労働条件としては画期的な待遇だったそうな。
 (「あゝ野麦峠」のイメージとは違ったw)

東繭倉庫
民間に払い下げられた後も、結局115年間操業が続いて、、、停止したのは22年ほど前。

繰糸場
今は世界遺産登録を目指しているとか。
 民間企業が長い間この建物をよくぞ残して使い続けたもんだと妙に感心。




おまけ。
帰り道、軒先のツバメ。
つばめ1


お腹を羽繕い中~
つばめ羽繕い


民家に巣作りするだけあって、かなり近づいても逃げなかった。
つばめ飛び立つ

以上、社会見学と野鳥観察でした。
スポンサーサイト
EDIT  |  23:52 |  よもやま話  | CM(0) | Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 
 | BLOGTOP |