2012.06/20(Wed)

第2回なつみの日 

なつみがわが家に来て2年経ちました。

カキカキぷりーず


ということで2歳を過ぎましたが
前記事にも書いたとおり、いまだ産卵はしておりません。


in保冷バッグ

その後体重は1~2グラム減って「オバQ」のおしりも少し落ち着きました。
と思ったら、羽がバサっと抜ける。

さくらふぶきと比べて、なつみの羽の抜け方はとても明確です。
潔くバサバサ抜けます。
女子の特徴とか??

今まで、発情がおさまったら換羽がくるという事を読んだり聞いたりしたことはあっても
いまいちピンとこなかったのですが
なつみを見ていると「コレなのか?!」と思ってしまいます。
ただ、とても短い周期ですが。
まあ~やっぱり羽広げたり潜り込みたがったりしているのでね(-_-;)






朝の掃除の隙に、ふちゃんのカゴにお邪魔中
ふちゃんのカゴで



朝ごはんが待ちきれないふちゃん
ふちゃんのカゴで・2
このまま放置するとバトルになるので退場です。
一つのカゴで暮らすのは無理。



なちゅは、やること成すこと、喋ることw
何しても本当に可愛らしい(→親ばか丸出しw)
うきうき

オパーリンを、むしろ望んでいなかったのにお迎えしたわけですが
このコと縁があって良かったなあとしみじみ思っております^^



↑中身が残りわずかかなと思って潰しかけたティッシュボックス、
意外とまだ紙が入っていたのでそのままにしておいたら
目ざとく見つけて潜り込んでしまいました。



この閉鎖空間はかなりキケンですね。
お玉にもヒトの手にも…。
スポンサーサイト
EDIT  |  13:28 |  なつみ  | Top↑

2012.06/07(Thu)

通院覚書など 

それぞれ気になることがあって、2羽連れてクリニックへ。

ふちゃんはこのところエクエクと吐き気があるような仕草をすることと
肩に止まっている時など、プスプスと音が聞こえるようになったので
以前の再発かどうか診察してもらうことに。
 (※私信 ストレスで吐くことも稀にあるそうです)


結果は、エサ袋に少し空気があるけれど粘り気はなし。
音も「プスプス」だからさほど心配はないと。
これが「プチプチ」だったら良くないそうな。微妙な違いだけど。
以前処方されて保管してあった薬を一週間だけ飲ませて様子見となりました。


なつみは、おしりが「オバQ」気味になっているので念のため触診してもらい
(こざ女子経験者サマには、この程度なら十分回避できるとすでに助言がありましたがw)
タマゴを持つ時はもっと「オバQ」になるし骨盤も広がるのだと教えて頂きました。
すでに誕生日は過ぎているはずだから2歳になったなつみですが、
まだ暫定女子のままです。

気になることは他にあって、
右足の1本の爪に小さな“シミ”を見つけてしまったのです。
出血斑かどうかは不明です。
一ヶ月ほどで消えれば問題ないし、残るあるいは増えるようなら
ふちゃんと同じサプリメントで対処することに(-_-;)


本鳥たちは機嫌よく過ごしています。

以前にも載せた記憶があるのですが、もう5年前でした。
今も外出から帰宅すると高速縦揺れで喜んでくれるのです。




なつみはどうにかして何処かに潜り込みたくて仕方がない毎日
カバンのわずかな隙間に




カバンに入りたい
ずっと無邪気ななちゅでいてください。
EDIT  |  22:50 |  ふぶきなつみ  | Top↑
 | BLOGTOP |