2015.12/18(Fri)

テツな落語 

落語家さんにも鉄分豊富な方がおられまして、

ちょっと聴きに行ってみようかと。


いつも落語会へは一人で行っていましたが
今回、先月初めてお会いした「いんこで鉄」な友人をお誘いしました。
乗り鉄落語



上方の落語家さん(吉朝さんの弟子、米朝さんの孫弟子)なので
鉄道トークは、関西の鉄道話でした。
 奇しくも10月大阪に行った時に乗って撮った、阪堺線の話題で。

私は十分楽しめましたが、友人はどうだったかしら…。


広小路亭

職場の方と寄席に行く前に、目的を果たした感じです(´Д`)





御徒町は深い縁のある場所で、近づくには少々不安もあったのですが
まあ、夜だったこともあって広く景色を見渡すこともなかったため
事なきを得ました。
   なかなか面倒臭いです、自分。。
スポンサーサイト
EDIT  |  23:00 |  観る・聴く  | Top↑

2015.11/08(Sun)

11月8日という日 

最近、職場のお姉様方に落語に行かない?と誘われていましてね。
私が落語好きとご存じの上でのお誘いなわけですが。

誘ってくれたわりには、「じゃ、調べておいてね」と仰せつかったのですがw
お江戸の常設寄席には行ったことがないので、
一度出向いてみようかと思っています。


落語や観劇なども、この数年ご無沙汰で…

いや、、、一度気分転換できるかと聴きに行ってみたんだ。。
でも途中で退席してしまいましたね。
「笑い」から一番遠いところで生息していましたから
楽しむどころか興味すら失せていました。





落語はやっぱり好きです。

でも、この方以上の落語家さんは私にはいないのです。
ご存命なら60歳。味わいのある噺が聴けただろうなあ。
H17年10月27日


10年経っても、最期の高座「弱法師」のCDは未開封のまま…。
 末期癌で、楽屋には医師・看護師が付き添い、
 ドクターからの条件は、一席だけという約束で
 気力で高座に上がられたあのお姿と声は忘れられない。




いつの日か冥途で

「米朝・枝雀・吉朝 三人会」を聴きに行くと決めています^^

EDIT  |  00:00 |  観る・聴く  | Top↑

2010.02/05(Fri)

静かに大爆笑 

前々から興味があった、が~まるちょばを観てきました。

が~まるちょば

素晴らしい芸術的なパントマイムで
タイトルどおりの「サイレントコメディ」。
セリフのない芝居に、久々に顔の筋肉が痛くなるほど爆笑しました。


所々で観客も巻き込んで盛り上がる演出。
で、前から2列目の通路際という座席がサイワイ(ワザワイか?)したのか
なんと!
ワタシが巻き込まれる観客の一人になってしまい、舞台に上げられてしまったのですよ(赤面モノです...) 

絶対勘弁してーな心境だったけれど、頑なに拒むような無粋なことはできないしね。
(途中休憩の時に隣の友人と座席を変わっておけば良かった。あー失敗&ゴメンね~^^;)
それに熱心なファンの方にもゴメンと言っておこうww
 もしワタシが熱狂的なファンだったら舞台に上がっただけで卒倒してたと思うし(笑)


これから全国ツアーのようです。
 足を運んでみるとオモシロイかも~♪


EDIT  |  23:41 |  観る・聴く  | CM(6) | Top↑

2009.10/05(Mon)

赤い方たち 

土曜日、友人からのお誘いで初めてサッカー観戦に行ってきました。
さいスタ
地元にいながらココに入るのも初めて。


初観戦にあたり要注意事項があればと友人に尋ねたところ…(きっとお約束事があるはず)

服装はあれば赤で、なければ黒・白が無難と。
この日の対戦チームのカラー黄色は身につけないようにとご指南頂きました(重要な情報^^)



それは現場で一目瞭然
赤い!

黄色い!

せっかく来たのだからと、ワタシもタオルマフラーを購入し全身黒の服装に赤いワンポイントで。


やはり“ライブ”で観るのは楽しい~。
試合と共に、ついつい熱心なサポさんたちの応援にも目がいってしまうのでした。
揃う
 観客全員が跳ねているのかと思ってたけどそうではないのね(苦笑)



試合結果は、、、


勝利!めでたし!
勝った
 JEFサポさん、ごめんね~~

外も赤い
スタジアムの外も赤く染まっておりました。 


EDIT  |  11:30 |  観る・聴く  | CM(4) | Top↑

2009.05/03(Sun)

逝ってしまった 

日頃心に留めておくこととして

会える時に、聴ける時に、観られる時に、
その機会があるのなら大切にしようと。
 人に会うのも落語やコンサートに行くのも…


昨年のライブに行ったのは、その気持ちがいつもより少し強かったからかもしれない。

次の機会は、、、もうない。



 1981年夏 大阪の野外フェスにて、
 ステージの清志郎が観客に向けて投げたのを必死に受け取った紙テープ
紙テープ
 特に大事に取っておいたわけでもないんだけど…
 今となっては本当に想い出になってしまった。 合掌
EDIT  |  21:44 |  観る・聴く  | CM(2) | Top↑

2009.03/12(Thu)

U2 3D 

映画館に足を運んだのは6年ぶりぐらいか。

自宅からほど近くにあるシネマコンプレックスに“初めて”行った。

U23Dを観るため。

2006年のU2コンサートの3D映像。。。
 “飛び出すU2!”って感じか?!(笑)

手を伸ばせば届きそうな立体感と
普通のコンサートフィルムでは味わえない臨場感。
ホントのライブのようにノリノリ~といきたいところだけれど、
そこは映画なので…
 
というより、3Dメガネ使用が
ワタシの場合「メガネonメガネ」になるので、、、重いし、動いたらズレル(笑)

平日の昼間だったとはいえ 観客5人!

貸切状態ならもう一回行くかな…ノリノリ~^^
EDIT  |  23:17 |  観る・聴く  | CM(0) | Top↑

2009.02/22(Sun)

東西若手落語家・・・ 

紀尾井町ホール
昨年隔月の大会で選ばれた5人の噺家による決勝大会のような会にて。

観客の投票によって優勝者が決定する。
はじめに、自ら引くくじで出演の順番を決めて、一番を引いた人から順番に題目を決めることができる。

採点競技では、一般的に出番は後の方が有利になると思うが、
今日も(競技ではないけど)一番を引いたよね吉さんは、それだけで半分諦めたそうな(笑)
けど、その分いい具合に肩の力が抜けたようで…

結果優勝したのは、その桂 よね吉さんでした。
 順番より実力!

よね吉さんと吉坊さんは、吉朝一門の兄弟弟子。
どちらを選ぶか悩ましい~と思っていたけれど
観客に配られた投票用紙には二人選ぶようになっていたので迷わずこのお二人に○を付け。
(もちろん5人の噺を真剣に聴いた上です^^)

が、5席も聴くと正直疲れました(苦笑)
そう思うと、“トリ”(鳥ぢゃなく)を引くのも良し悪しなのか。

若手とは言え皆さんお上手。
時間的にもたっぷり3時間。
これだけ楽しめてお代1000円は安い!!w
EDIT  |  21:52 |  観る・聴く  | CM(2) | Top↑

2009.02/04(Wed)

万博展 

万博展
 当時はまだ小さい子どもだったので(笑)、あやふやでかすかな記憶しか残ってないけど
 とても懐かしいやら、今になって知る面白さもあり期待以上に楽しめた^^

撮影OKだったのにカメラを持ってなくて残念。
模型
模型の前でかなりの時間張りついて、これがこーであれがあーでと眺めていて飽きない(笑)
各パビリオンが個性的で、あの頃の先端技術で作られたものもあったと思われ。


「月の石」が目玉の展示物だったり、外国に果ては宇宙に思いを馳せたり
未来の家電製品や乗り物に“夢”を持った時代だったということか。

 製造業が軒並み赤字転落の今が何とも皮肉だ(苦笑)



展示物には当時の記念グッズも多々。
記念グッズ

あーらよっ!


半年間の総入場者数が6,400万人を超えてたって、
一日の最高入場者が83万5832人だったそうで・・・(多過ぎ)
地元の大阪開催だったからわが家も行くことができたのだろうなと思いつつ


そう言えばワタシも何かグッズを持っていたはず…と家の中を探してみると


ありました!
記念本

裏表紙にはいい写真が載ってるじゃないw
220円…

さらに
日本館
入館した記憶は全くないけど・・・。


おまけに
トランプ
トランプ。
残念ながら2枚紛失。。。(お宝グッズにはならないな。笑)
EDIT  |  22:56 |  観る・聴く  | CM(7) | Top↑

2009.01/18(Sun)

拾年 

今年初めての落語
拾年吉日
噺家十周年といっても、まだ27歳。
  けどね、若いうちから修行されてるこの方は、
  無駄に年を重ねてるワタシなどより、よほど“ニンゲンできてる”と思ったりするわけです^^



会の終わりに、
サイン色紙や手ぬぐいやらが何名かに当たるお楽しみ抽選会がありまして
その日のお客さんは約130名とのこと。
まあ、くじ運の悪いワタシはそんなのに当たるはずもなく
次々当たる人たちをいいなあ~と眺めておったのですが




どうしたことか!

当たった!!(嬉)



特製手ぬぐい。 
手ぬぐい
師匠の似顔絵に弟子たちのサイン入り
  先日購入したテレビにかけてみました(笑)


これは春から縁起がいいんでしょうか。

 それとも一年の運を使い果たしたか。。。乞うご期待?!
EDIT  |  14:40 |  観る・聴く  | CM(4) | Top↑

2008.10/30(Thu)

学おじさん 

学おじさん
味のある役者さんたちで
ついつい笑ってしまう、ドタバタしない良質な喜劇…な感じ。


“下北沢”には初めて出向いた。
当然予め地図で確認して、劇場は駅から近そうだからすぐ分かるかと。。。


が!駅から一歩出たら、、、なんだか細い道がいっぱい(爆)
ハテ???一体、どれを行けばいいのやら。
 もっと詳細な地図で確認すべきだったのだと思い知る。
とりあえず歩いてみましょうと、結果とっても大回りして辿り着きましたが^^;

下北沢といえば、演劇や音楽を志すヒトたちが集う街という情報がインプットされている。
駅前商店街にも個性的なお店がたくさん。何となくイメージ通りだった。

でも迷子になるとはなあ~~~~orz
EDIT  |  21:56 |  観る・聴く  | CM(2) | Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT